いじめっ子の親は問題ある?いじめられっ子にも問題はあるのか?

子供がいじめられている…と認識した後、必ずと言っていいほど考えるのがいじめっ子の親について。

いじめっ子の親がどんな子育てをしてきたのか?なんで自分の子供がこんな目に…と。

逆に、「いじめられた」と自分の子供を悪く言われる場合、相手の親の誤認があるのでは?とか、オーバーリアクションを取られた際の対応なんかも「いじめ問題」の二次災害バリの緊張感があります。

いじめられっ子にも問題がある以前に、両者の親といじめ問題についてまとめましたのでご参考になればと思います。

いじめっ子の親は問題ある?

両親の画像

未成年である場合、親権は子の親にあります。

もちろん何から何まで権利を有することはできませんが、いじめ問題に直面した場合、親も問題視されがちです。

そんないじめっ子の親ですが、問題なのか?

結論としては「問題の後のケア次第による」です。

なので、いじめっ子の親には問題があるのか?と言いますと、極端に言えばNoです。

たとえ自分の子供がいじめられようが、誰かの子供をいじめていようが、親としてはリアルタイムでアクションの最適化を図ることは当然出来ません。

大切なのは、いじめ問題が発覚した後や、いじめ対策などです。

そこをおろそかにしたり隠蔽することは大きな問題として周知される可能性がありますので、何より”ケア”が大切。

いじめっ子の親は謝罪・反省すべき?

悲しむ女性の画像

ケアの一環として、人様の子供を自分の子供がいじめてしまったことに対して、親が責任をもち謝罪することが大切です。

自身の子供が責任をせようべきですが、相手様からすると「いじめた子供、そして親」は悪。

まあ、ケースバイケースですので、悪とまで覚えられる場合もあれば温厚で心広い方もおられるでしょう。

しかし、「いじめっ子の親」である以上は謝罪と、いじめてしまった自身の子供の反省を相手に伝えるのが優先です。

この謝意がいじめのケアとして最重要と言えるのです。

いじめっ子の親の特徴や気質なんて無い

顔を隠す女の子の画像

さて、いじめっ子の親としてできることは「ケア」とお伝えしましたが、そんな「いじめっ子の親」としても何か特徴や気質があるのか?という疑問を感じられる方も当メディア調べで明らかになっています。

(※Google広告のキーワードプランナーという検索ボリューム調査により)

ただし、いじめっ子の親だからと言っても人は人、何かしらの特徴や気質なんて母数を広げれば相関はありません。

つまり、素っ気ない対応の親もいれば、真摯な対応される親もいるのです。

だから何でもかんでも「いじめっ子の親が悪」というレッテル貼りをするのもダメですよ。

義務教育である日本では、小中学校で子、そして親も含めて共存し教育・共育しているのです。

事実上、子供や親を含め、経済的や何かしらの問題の差があっても、義務である以上は卒業まで”うまいことやる”に掛かっています。

筆者としては「義務教育の見直し」を提言しているのですが、今はやはり苦しくても辛くても小学校6年+中学校3年という期間を経過するまで、問題や暇、楽しみもあれば辛いことも経過させるのがベターになっています。

話がずれましたが、なんせいじめっ子の親としても人は人なのです。

いじめっ子の親の対応は超シビア…

悲しい後ろ姿の男性画像

いじめ問題を調査したり紐解いていきますと、やはりヤフー知恵袋や教えて!gooで様々な悩みが投稿されています。

いじめられた親としては、いじめっ子、そしていじめっ子の親への謝罪と問題解決などを強く要求するケースがある反面、いじめが冤罪だったり過度に「いじめ」と謳われた親は対応が超シビアになってきます。

心的ストレス度が高い親の場合、「どうしてうちの子をいじめたの!?」「どうして○○さんは△△なの!?」と、責任転嫁や自身らの防衛などに必死で、事実よりも主観が多くなりがちです。

そんな逆いじめ問題になれば、当人はもちろん学校職員も手が付けられません…。

そんな時は「いじめ探偵」のお力を借りるのがおススメです。

筆者は長い間Web広告や当メディアに類似する仕事をしてきましたが、上級者と言われる私でもインタビューを受け付けてくれないほど厳密な探偵があります。

ずばり「原一探偵事務所」。

詳細は記事終わりに掲載しておりますので、いじめ問題に直面した場合はプロにご相談を。

いじめ経験や問題解決を自分でしようとした筆者は、結果ボロボロになり、人間関係が崩壊した過去がありますので、記事をご閲覧方は何卒無料ご相談をご検討下さい。

いじめられっ子にも問題はあるのか?

雪と人の画像

ココまでいじめっ子といじめっ子の親についてお話をしました。

では逆に、いじめられっ子といじめられっ子の親にも問題はあるのではないか?という疑問についてお伝えします。

ずばり「いじめられっ子(親含む)に問題は無いけど、問題を生む原因がある」のです。

簡単に言うと、生きているからいじめに合う可能性は0%じゃないよ!ということです。

関連記事⇒「いじめの原因をランキング形式で紹介…けど100%優れた対策はできない」

つまり、いじめの標的になる可能性は誰だってあるので、時系列が後にせよ”いじめられっ子になる人や親には比較的同等の問題を生む可能性がある”のです。

この普遍的な事実に加え、各々の個性や素質、身体的差異や精神的発達レベルがプラスされ、特定の枠内でいじめが発生するのです。

多くは排他行為だったり外向度の高い人が、自身の理解できない相手をからかう、または自己の利益や心理的報酬や地位などの保身のためにいじめをするケースなど。

なんせ、いじめられる側としては変わりない事実や致し方ない事象に対して水を差されるのです。

なので、水をさされる可能性がある器=人間として生きている以上、いじめを防ごうと思うと、器=人間を違うところに移動させたり、器を小さくする=かかわりを少なくする、あるいは無くすことがクリティカルな解決方法だったりするのです。

いじめられている方、いじめられている子供の親様、決して自身らを攻めず、かと言って相手に力任せにオーバーアクションし過ぎない程度に、解決を図るのです。

いじめっ子は逮捕されなくて当然?

砂漠の画像

いじめっ子と言えど、子供、または当人を犯罪レベルにまで追い込んだ場合、いじめっ子は逮捕されるのが一般的です。

未成年(年齢にもよる)であれば少年法、成年以降では一般刑法が課されるのですが、正直…いじめ問題って日本全体のいじめ認知件数に対する逮捕にいたるケースが少ないのです。

民事裁判になることはあっても、逮捕となるのは、たとえ致命傷レベルだとしても払拭されることも否めません。

多くは氷山の一角であり、水面下の問題ばかり。

しびれを切らして、いじめられっ子がいじめっ子、いじめっ子の周りの人に復讐する事件もあり、最終的にいじめられっ子が逮捕される…という事例もあるくらい。

なので、いじめっ子が逮捕されなくて当然、という今の表面化時代が筆者は嫌いですね。

この見出しでは持論になってしまいましたが、なんせ「いじめっ子…覚えてろ!」が法に触れる形で具現化して、それがいじめっ子が償うべき罪より重くなる、のが歯がゆすぎるのです。

もし今いじめ問題などで悩んでいる方、因果応報として人が人を裁けないのであれば、徹底的にプロにお任せしてください。

事実さえデータに残せばこっちのもんです。

筆者は事実を残すことができず、ただただ胸糞悪く過ごす学生時代でしたので、比較的安価に探偵依頼できる今の時代の功を使いましょう。

いじめっ子の親は問題?のまとめ

いじめっ子の親は問題?のまとめとして…

  • いじめっ子の親に直接的な問題はない
  • ただし「いじめケア」をするのが大切
  • いじめっ子の親の特徴や気質なんて無い
  • いじめられっ子は問題を生む原因がある
  • 探偵を使い歯がゆさを解消すべき
いじめられる少女の画像

逆恨みされたらどうしよう…

不登校になりそうな予感がする…

子供がいじめられていないか不安…

自分じゃ解決できない問題がある…

学校の先生や同級生も黙っているんじゃ…

万が一いじめを1人で抱え込ませていたら…

このように「いじめ」に関する悩みは尽きません。
1人で問題解決できるほど簡単にはいかないし…。
決して1人で悩まないで!
「いじめ」問題に苦しんだ筆者からのお願い。
「決して1人で悩まないでください!」
「いじめ問題」解決のプロである
探偵事務所に今一度ご相談を。
中でも日本最大級のプロ探偵事務所
原一探偵事務所をご紹介致します。
24時間365日ご相談無料ですが
いじめ問題の早期解決を願います。
いじめっ子の親は問題ある?アイキャッチ画像
最新情報をご覧下さい。