いじめの原因は自衛隊や論文から分かる?いじめがなくならない理由とは?

学校や職場だけでなく、自衛隊内部でのいじめ問題も事件・ニュースとして話題になるほど年齢や性別関係なくいじめは存在します。

また、数十万年と過去人類が築いてきた歴史でも、絶えずいじめと類似、またはいじめがあり、いじめは決してなくなることはありません。

そんないじめですが、いじめの原因は自衛隊や論文などからよく分かる点があります。

本記事ではその共通点を含め、いじめがなくならない理由をお伝えしていきます。

いじめの原因は自衛隊や論文などからよく分かる

自衛隊のイメージ画像

小中学校の義務教育を受け、さらに高校・大学や自営業・働き手として近代の日本人の多くは育っていくのですが、環境次第で制限の多さ・質も違えば集団行動の頻度の違いも派生していきます。

その中でも極めて制限が強く、かつ集団行動をベースとする仕事というのが自衛隊。

その自衛隊から「いじめの原因」がよく分かるとお伝えしましたが、その理由がまさに『制限や集団+水準の高さ』というキーワードになってきます。

これは下記の記事でもお伝えしましたように、いじめ問題が生まれる最も根本的な理由なのです。

⇒「いじめの原因をランキング形式で紹介…けど100%優れた対策はできない」

つまり、人間がいて・特定の枠内で制限をかけ・さらに心理的な背景が個々で異なっていることです。

自衛隊は精神的・肉体的に水準が高い

戦艦の画像

自衛隊と言えども人間です。

各々の肉体的レベルに差異もあれば、感度も変わってきます。

まさにいじめ問題が起きやすい環境こそ、自衛隊となっているのです。

「けど、自衛隊以外でも類似するような職や学校もあるじゃん?」

もちろんその通りです。

甲子園トップを目指す私立高校、外資系や大手のグループなんて、かなり密閉的で集団行動が目立つところもあります。

ですが、自衛隊はその環境に加えて「過度なストレスや精神的・肉体的な水準が極めて高い」のです。

いじめの論文をいくつか拝見した筆者ですが、やはり殺傷能力の高い部隊や命と隣り合わせになる職の場合、個人に掛かる負担は精神的だろうが、肉体的だろうが大きいのは事実です。

(とくに海上自衛隊=船の外は海…密閉されてまさにイジメが起きる状況です。)

それに、いじめの対象に対する暴力も、一般人より強いだろう…というのが想像が付くかと思います。

自衛隊のいじめ問題として有名な「たちかぜ自衛官いじめ自殺事件」なんかでは、日常的に殴る蹴るなどの暴行に加え、エアガンを対象に打ったり、金銭的な強要もしていた様子…。

参考:「たちかぜ自衛官いじめ自殺事件」

とくに今のご時世。

今後アメリカが日本に「あなたの国、そろそろ自国で武力をもちなさい」なんていえば、より一層自衛隊から武力のある人間を抜粋したり、そもそも自然災害が多い日本では緊張感が他国よりも高く、その場面も多くなってくるでしょう。

そういった背景から、とくに自衛隊ではいじめの原因が生まれやすく目立って分かりやすい状況にあるのです。

とは言っても、いじめ問題の過激化含めニュースや社会問題として動きが見られ、防衛省も過去の問題から改善策を打っているのは事実です。

参考:「防衛省におけるいじめの実態及びいじめによる自衛隊員の自殺防止に対する防衛省の認識と取り組みに関する質問主意書」

また、自衛隊の求人をYouTubeなどでも広告として動画配信をしており、少なからず改善しています。

いじめがなくならない理由とは?

赤い煙をまく人の画像

そもそも、いじめがなくならない理由とは何でしょうか?

合理的に考えると、「○○によるいじめだ!」と人が認識すること、そして「○○が起きること=人間が人間にアクションをもたらすこと」が、いじめがなくならない理由です。

つまり、極端に言えば人がいなくなればいじめは無くなる…のですが、それはいじめ問題解決の柵として、よくある生活や人間が生きていくことと天秤に釣り合わせるまでもありません。

よって、いじめがなくならないのは致し方ないのです。

その”いじめ”を木として見るのか?森として見るのか?とか、その問題の大きさな如何ほどで線引きするのか?しないのか?と、その場その時の対応と社会の流れとの兼ね合いで、いじめの尺度や時代によって変わってくるのは事実。

つまり、昭和初期の所謂(いわゆる)いじめ問題と、令和元年のいじめを問題を比較すれば全然違うよね?ということです。

例えば昭和…。

子供が悪い事をすれば親が殴る蹴る。

ネットもなければ噂になることも珍しいくらい。

ですが近代や令和。

殴る蹴るは数を減らし、ネットによる拡散性もあれば、緻密ないじめ問題もあったりと。

結局のところ多数決的に見ると時代時代でいじめの形は変わるものの、人が人に影響をもたらすことに変わりはなく、答えなどはありません。

ただ、できることは今こうしてその瞬間にいじめ対策・いじめ施策を打ったり、時代や問題に合わせて頭をひねらして考えるのがベターです。

ベストはありません。

筆者のいじめ経験と原因について

悩む男性の画像

最後に筆者の経験といじめの原因を照らし合わせてお伝えします。

それは中学・高校時代…。

中学バスケ部では臭い系キャラ、高校では雑魚キャラ&独立キャラでした。

そこに良し悪しなんて己が判断するだけで、前述の事実に対して深く辛い時もあればネタとして楽しんだこともあります。

しかし…「これ、いじめって言っていいだろうか?」というほど辛い経験も。

やっぱり、集団からはみご(シカトや無視に類似する言葉)され、練習中に「死ね」と言われ、家庭では経済的な不安定さや母子家庭による「なぜ自分が生まれたのか?」というような問題などが一気に精神的負担になり、練習中に号泣してしまったことがあります。

それから顧問の教師と話しても「聞き間違い」で通すことになり、…そうですよね、えぇ、と様々な自分との温度差を感じておりました。

ただ、辛いけどいじめとは認識できておらず。

しかし、約3年たった今、こうしてサイト運営などをし、「いじめだ」と感じづらく生きております。

やはり集団や独立による制限の解放感含め、精神面でも肉体面でも当時よりは改善。

そう考えると、やはり原因は人間。

自分が「いじめ」と線引きする脳みそ、人が人に影響を与えること、などなど…なんせ人間=いじめは気って切り離せないものなのです。

人間こそいじめの原因なのです。

致し方ありません。

なんせ、その場その時、時代や多数決では?と考え、いじめと認識できるなら現状を変えることです。

ベストはありません。

それしかベターな策がありません。

いじめの原因は自衛隊や論文のまとめ

いじめの原因は自衛隊や論文のまとめとして…

  • 自衛隊がいじめの原因の分かりやすい例
  • 論文などからでも自衛隊の水準が高い=いじめのレベルも高い
  • 人=いじめ=いじめはなくならない
  • その場その時・時代や多数決などを参考にベターな対策・施策を
いじめられる少女の画像

逆恨みされたらどうしよう…

不登校になりそうな予感がする…

子供がいじめられていないか不安…

自分じゃ解決できない問題がある…

学校の先生や同級生も黙っているんじゃ…

万が一いじめを1人で抱え込ませていたら…

このように「いじめ」に関する悩みは尽きません。
1人で問題解決できるほど簡単にはいかないし…。
決して1人で悩まないで!
「いじめ」問題に苦しんだ筆者からのお願い。
「決して1人で悩まないでください!」
「いじめ問題」解決のプロである
探偵事務所に今一度ご相談を。
中でも日本最大級のプロ探偵事務所
原一探偵事務所をご紹介致します。
24時間365日ご相談無料ですが
いじめ問題の早期解決を願います。
いじめの原因は自衛隊や論文から分かる?アイキャッチ画像
最新情報をご覧下さい。